三菱東京UFJ銀行は総量規制対象外、モビットは総量規制対象

お金を借り入れるとき、三菱東京UFJ銀行であれば対象外であり、モビットであれば対象となるものがあります。
それは総量規制です。
消費者金融は貸金業であり、貸金業法の中の総量規制を守らなくてはなりません。
個人が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など、貸金業から借入ができる総額は年収の3分の1までと決められています。
消費者金融が対象となり、銀行がその対象ではないということに疑問を感じるかもしれません。

これはそもそも消費者金融がまだサラ金と呼ばれていた時代の、過剰貸し付けが背景にあります。
総量規制は消費者金融の過剰貸し付けを防ぎ、利用者の多重債務を防ぐために作られた法律です。

年収の3分の1までとはいっても、それによって多重債務が完全に防げるわけではありません。
完全ではありませんが、総量規制施行前には200万人を超していた多重債務者が、施行後には50万人ほどにまで減っています。
数字として結果が出ています。
利用者が総量規制によって気を配るようになったというよりは、消費者金融側が慎重になったとみるべきでしょう。
事実、個人への初回融資限度額は30万円前後だったものが、現在は15万円から20万円ほどになっています。
モビットからの借入金額もそれほど大きなものにはなりません。
しかし消費者金融の特徴を考えてみると妥当な金額になるでしょう。
消費者金融は銀行カードローンに比べると金利が高く、長期の借り入れ、大口の借り入れには向いていないものです。