クレジットカードでチップはどうやって払う?

日本人がどうにも慣れない習慣としてのチップですが、海外旅行に行けば必ずしなければなりませんよね。レストランでクレジットカード即日支払うときには、「あれ?どうするんだったっけ?」と少し頭を悩ませてしまいそうです。

レストランでクレジットカードで支払うときには、まずはウェイターやウェイトレスに支払いの意志を伝えます。Check please.と言えば、食事した料金の明細書をもってきてテーブルにおいていってくれます。

まずはその明細書の金額などを確認しましょう。飲食代と税金などがきちんと書いてあるかどうかの確認をします。レストラン(特に観光客が多いようなところ)によっては、このときにすでにチップが含まれている場合もあります。

含まれていなければ、TipあるいはGratuityと書いてある欄に食事代の15%から20%程度の額を自分で記入します。これはサービスに対する満足度や、国によっても少しずつ違っています。旅行ガイドなどで確認しておくことが必要です。

明細書を確認し終わったら、自分のクレジットカードと一緒にテーブルに置いておきましょう。しばらくすれば持って行ってくれます。クレジットカードの認証が終われば、請求書とクレジットカードをもってきてくれますので明細書との金額に違いがないかをきちんと確認してサインしましょう。控えをきちんともらってレストランを出ましょう。

海外で多いビュッフェスタイルのレストランは、入店したときに支払いをするようになっていますので、クレジットカードでは払えないことがほとんどです。この場合は、チップは食事が終わればテーブルの上にチップだけを置いて帰るようにします。